2016-17年度のテーマは
Rotary Serving Humanity 「人類に奉仕するロータリー」

世界へのプレゼントになろう

RIテーマは、「年度目標」とロータリーの「奉仕の理念」の実現に最も重要なロータリー年度RI会長の全世界ロータリアンに対するロータリーメッセージのことです。
ポール・ハリスが111年前にロータリーを創設した目的は価値観を分かち合える人を見つける事、誠実さ、多様性、寛容、友情、平和を信じる人々と出会うことでした。それからロータリーは変革を遂げ、時代の変化に対応して前進をし、そして、多様性を強みとするロータリーは、今も職業分類を基本としています。高い倫理基準は時代を超えた価値観であると信じる私たちは、今も「四つのテスト」を壁に揚げ、そして何よりもポール・ハリスが信じたのと同じように、人生の最大の目的は人類に奉仕することだと信じ、2016-17年度のロータリーのテーマはシンプルに「人類に奉仕するロータリー」といたしました。
■RI重点項目
2016-17年度ジョン・ジャームRI会長はロータリーの発展には、会員が現在そして将来の課題と機会に「情熱と粘り強さ、そして何よりも高潔さを持って取り組まなければならない」そして、次のテーマについて大胆に創造性をもって取り組む事としている。

@ポリオ撲滅の達成

2016年1月末にポリオの患者が全世界から0になった。しかし、ポリオには不顕性感染があり、感染しても症状が出ない場合があるので、厳重な観察が必要であり、その間もポリオワクチンの投与を続ける必要があります。
ポリオの患者の発生が無くなり、その後3年間、患者の発生が無ければ「ポリオ撲滅宣言」が出来る。これは「天然痘の撲滅宣言」以来、人類にとって二度目の快挙です。そして、世界のトップニュースです。
1979年フィリピンの子供たちにポリオ予防接種を始めて以来、122カ国20億人の子供にポリオ予防接種を行っている。当時ポリオ患者は50万人で、その45%がフィリピンに集中していた。その事からフィリピンの要請を受け、5か年計画で600万人の子供にポリオ予防接種を行い、そしてこの活動が成功しました。これに続き、ポリオプラス計画は、1985年ロータリー創立80周年を期に開始され、そして今年で31年を向かえることになります。RIでは、2018年までに毎年3500万ドル募金することを目標としました。私たちはポリオ撲滅活動に協力するために寄付をしましょう。

A会員増強

単にロータリアンの数を増やすだけではなく、ロータリーによる善き活動をより多く実現させ、将来にロータリーのリーダーとなれるロータリアンを増やす事が重要です。

Bロータリー財団への寄付

来年はロータリー財団設立100周年の記念の年なので、寄付を増やしてお祝いをしよう。

C公共性と認知度の向上

ロータリーが世間に知られていない。「ロータリーはどんなクラブですか」と尋ねられる。世界でいい事をして、ロータリーの名前を高め、認知度を上げて「ロータリーはどんなクラブですか」と尋ねられない様にしよう。

D会長賞への全クラブの参加

7月1日の新年度が始まる前に、クラブセントラルへ登録を済ませて下さい。
国際ロータリーとロータリー財団が6つの重点分野での活動を通じて、そのパートナーシップをより緊密で強固なものとする上で2016-17年度がまたとない機会になると考えています。又、ポリオ撲滅でロータリーが果たした役割についてクラブと地域社会で情報を広げ、社会貢献をしたい人たちが、ロータリー入会を考える機会を提供する。そして、ロータリーのイメージ向上と若い人々や多くの人たちが、ロータリーに入会して活動したいと感じる柔軟性のあるクラブが必要なのです。

ジョン・ジャーム

ジョン・ジャーム

●国際ロータリー会長(2016-17年度)
111年の歴史の中で、ロータリーは多くの人に多くの意味を持ってきました。会員は、ロータリーを通じて友人と出会い、地域社会とつながり、目的意識を持ち、人びととの絆を育み、キャリアを築き、ほかでは味わえない貴重な経験をしてきました。毎週、世界34,000以上のクラブのロータリアンが、語らい、笑い、アイデアを分かち合うために集います。しかし、私たちが集う一番の理由は、最も大切な目標、すなわち「奉仕」のためです。
ロータリーの初期から、人類への奉仕はロータリーの礎であり、主な存在理由となってきました。今日の世界で意義ある奉仕を行う最善の道はロータリー会員になることであると、私は信じています。また、世界に確かな変化をもたらすために、ロータリーほど優位な立場にある団体はないと考えています。
さまざまな分野から熱心で有能な職業人が集まり、壮大な目標を実現できる団体も、ほかにありません。ロータリーには、世界を変える力、ネットワーク、知識の結集があります。ロータリーに限界があるとしたら、それは私たちが自分自身に設けている限界にすぎません。
現在、ロータリーはとても大事なときを迎えています。今はいろいろな意味で今後を決定づける歴史的な節目です。私たちは力を合わせ、世界に重要な奉仕を行ってきました。そして、今、世界の行く末は、私たちのさらなる奉仕にかかっています。世界でもっと大きな「よいこと」の推進力となるために、固い決意と熱意でポリオ撲滅を成し遂げ、勢いをつけてロータリーをさらに前進させながら、これまでの成功をバネに飛躍するときが来たのです。ポリオ撲滅から私たちが学んだ多くのことの中で、最も大切ながら最もシンプルなこと、それは、ロータリー全体の発展を望むなら全員が同じ方向に進まなければならないということです。クラブ、地区、RIのレベルにおけるリーダーシップの継続は、ロータリーを繁栄させ、その秘めたる可能性を最大限に発揮する唯一の方法です。新会員の入会や新クラブの結成だけでは十分ではありません。私たちが目指すのは、単にロータリアンの数を増やすことではなく、ロータリーによる善き活動をより多く実現させ、将来にロータリーのリーダーとなれるロータリアンを増やすことです。
ポール・ハリスは晩年、ロータリー設立の経緯について振り返り、次のようにつづっています。「個人の努力は個々のニーズに向けることができます。しかし、大勢の努力の結集は、人類の奉仕に捧げなければなりません。結集された努力に限界というものはありません」。いつの日か120万人以上のロータリアンが一体となり、ロータリー財団や各自のリソースを駆使して人類への奉仕に取り組むことになろうとは、ハリスも想像しなかったでしょう。そのようなロータリーに対してハリスがどんな奉仕を期待するのか、私たちは想像するしかありません。「人類に奉仕するロータリー」の伝統を継承する名誉を授けられた私たちには、このような奉仕を行っていく責務があるのです。

大重 勝弘

国際ロータリー第2730地区
大重 勝弘(おおしげ かつひろ)

●所属/指宿ロータリー・クラブ
●役職等/
1989−90年度 鹿児島県西部分区代理
1995−97年度 地区青少年奉仕委員長
1997−99年度 地区新世代委員長
●その他/
・マルチプルポールハリスフェロー
・ベネファクター
・米山功労者
・メジャードナー

クラブ運営の基本方針
会長 野田 一孝

2016〜2017年度ジョン・ジャームRI会長のテーマは、「人類に奉仕するロータリー」です。私たちが集う一番の理由は、最も大切な目標すなわち「奉仕」のためです。最も大切な最もシンプルなこと、「ロータリアン全員が同じ方向に進まなければならない」という事と、ロータリーの発展には、情熱と粘り強さ、そして何より高潔さを持って取り組む事としています。
大重ガバナーは、会員増強は、善き活動をより多く実現させるためにもリーダーとなるロータリアンの発掘を考えて、増強する事が重要であると考えておられます。
宮崎南ロータリークラブは、会員拡大増強を第一とし、会員の皆様の御協力と御力添えを頂いて、取り組んでいきたいと思っています。また、出席率を上げるために、メークアップの積極的な活用をし、高率を目指したいと思っています。

重点事業

1、会員拡大増強(5名以上)
2、出席率80%以上の維持(メークアップの活用)
3、少年少女球技大会
4、ロータリーを楽しもう