2018-19年度のテーマは
「インスピレーションになろう」

ガバナーエレクト挨拶及びRI テーマ・地区活動方針

 ガバナーエレクトを拝命しております川原篤雄です。
 所属クラブは南から新鮮で暖かい風を起こそうと、当地区で初の男女参画のクラブとして誕生しました鹿児島サザンウインドロータリークラブで、創立会員でありロータリー歴22年目の70歳(古希)です。職業分類は飲料水配布です。本日は朝早くからご参集頂き、誠に有難うございます。
 本地区研修・協議会は2018〜19年度のRI の方針テーマ等々を共通認識することにあります。  この新年度クラブ会長のもと、クラブ役員の為の研修会「勉強会」であります。丸1日の実施になりますが、宜しくお願い致します。
 さて、2018年1月14日(日)米国サンディエゴで開催の国際協議会に於いてバリー・ラシン国際ロータリー会長エレクト(イーストナッソーRC(バハマ)ロータリー歴39年)はテーマを「BE THE INSPIRATION」(インスピレーションになろう)と発表されました。
 去る2018年3月17日(土)〜18日(日)に開催されました地区チーム研修セミナー&会長エレクト研修セミナー(PETS)に於いて、世界のロータリアンの各クラブの重要な指針、道標(みちしるべ)であり、熟読をお願い致しました(ロータリーの友3月号横31頁から38頁)を、本日集まりのクラブリーダー(指導者)の皆さんは、ペッツ報告等で確認されたことと思います。
これは世界200の国地域35,784クラブ 地区数539地区(日本34地区 2263クラブ 会員数89,234人)(2017年12月末現在)、第2730地区 65クラブ 会員数2,396名(2018年2月末現在)の国際ロータリーのテーマは「ワン・ロータリー」そのものの共通のネットワークであります。People of action(世界を変える行動人)の協調もお願いします。

テーマ『インスピレーションになろう』について考えてみます。

 バリー・ラシン会長エレクトはスピーチのはじめに、「昨日と今日、皆さんはロータリーの世界の各地から来られました。そして今、それぞれの役目を果たすためにここに集まっています。私たちは今晩、共に旅路につきます。しかし、このようになるとは6ヶ月前には想像も出来ませんでした。
 今年度7月1日、私と皆さん、そしてロータリーの全ての人が今晩ここに立つのは別な人だと思っていました。」と、亡きリーダー サム・オオリ会長エレクトを偲ばれました・・・。
「私たちはサムの仕事を引き継ぎながら学んだ教訓を生かして前進します。それはロータリー活動は誰であれ一個人とともに始まるものでも、また終わるものでもないということです。
 私達に与えられた責任は?情報の透明化、先人たちの活動の上に築き上げた堅固な土台を将来の為に持続可能な方法で成長し続け、世界に役立っていけるようにロータリーのリーダーとして私たちに託された仕事です。それが“インスピレーション“となり、『私たちロータリアンは世界で地域社会で、そして自分自身のなかで持続可能な良い変化を生むために、人々が手をとりあって行動する世界を目指します。』私たちは行動します。ロータリーは夢想家ではなく、実行・実践する人の集まりだからです。」
 「ロータリーの会員数は、この20年間ずっと120万人程度で低迷しています。成長しておらず会員の高齢化がすすみ、活動を通じて変化をもたらすための知識や意欲もないクラブがあまりにも多すぎます。ロータリーが世界でどんな活動をしているかを知らず、ロータリーと財団のプログラムを知らないクラブ、参加方法がわからないクラブもあります。」と、“ワン・ロータリー”を強調・示唆されました。
 私たち日本の34地区ガバナーエレクトは、「インスピレーションになろう」(BE THE INSPIRATION)、テーマの発表を耳にし、戸惑いました。「閃き」「第六感」「直観」「鼓舞」etc・・・結論から申しますと、日本国において「インスピレーションになろう」で統一発表することで意見集約しました。

地区スローガン(モットー)「プラスワンの考動を!」について説明します。

 RIのテーマ「インスピレーションになろう」はロータリアンに向けて発表しているのであり、実践することをロータリアンに促していると判断し、ラテン語で「息」という言葉であり「息を吹き込みなさい」更に「息」は「精神」「魂」に通じ、「精神を入れる」から「鼓舞」する(こと・人)、「励ます」(こと・人)、「志をもって目的を目指す」「モチベーションを高める」そのために、ロータリアンは自らを奮い立たせてモチベーションを高めるリーダーたれ、人の心に火をつけるリーダーになろうと、又、国際協議会にて最初目にしたものJOIN LEADERS EXCHANGE IDEAS TAKE ACTIONの掲示でした。それが私のインスピレーションになった瞬間でした。
 プラスワンについては、13年前よりロータリー創立100周年超我の奉仕年度 同期ガバナー補佐会の仲間と共有しており、又、鹿児島サザンウインドRCの2017〜18年度のテーマでもあり、違和感は無く「行動⇒考動」とし「プラスワンの考動を!」とさせて頂きました。

次に、「Take Action」とチャレンジ項目を次の通りとさせて頂きます。

@ 「ワン・ロータリー(1つのロータリー)」というコンセプトの下、国際ロータリー、ロータリー財団、事務局の一体化
A 各クラブより地区委員を1名以上(RI⇔地区⇔クラブ)@とのリンク
B ロータリー賞へのチャレンジ(クラブセントラル、マイロータリー必須登録)
C 会員増強、2400×3%=72人(各クラブ純増1名以上)
D 新クラブ設立(拡大)(新モデル、若者、女性、アクター、RCCなど学友他)
E 1、財団101年目  2、米山51年目、ローターアクト51年目 協力支援と行動
F RLI(語ろうロータリーを)(語らせろ)の実施(各クラブ2名以上)
G 広報、公共ロータリーブランドの周知、強化、ロータリーデーの実施(企画研究)
H 職業奉仕の強調(四つのテスト)
I 青少年奉仕部門の強化、支援、拡大
J 独ハンブルグ第110回国際大会 50〜(65+1)66人の参加2019.6.1〜5日
※公式訪問とリンクさせる
◎公式訪問について「プラスワンの考動を!」 ・地区モットー @〜Jの中より選択してください。 会員数 30人以下・・・3項目 31人〜50人・・・4項目 51人以上・・・5項目 上記をガバナー補佐へ申告してください。 選択項目については、各クラブで 不易流行(現在・過去・未来)を闊達に語って頂き、 発表者と時間配分は各クラブにお任せします。 なぜその項目にしたか? 結論は? そのことによってクラブはどう変化するのか? 等々 例については、時間の都合で判断します。「的・事・案・行・検」

◎年次地区大会について

明治維新150年【敬天愛人】薩摩(鹿児島)の地において
大会スローガン「語ろう ロータリー維新の心」で
日 時 2018年(平成30年) 10月13日(土)〜14日(日)
場 所 鹿児島市民文化ホール、サンロイヤルホテル

◎国際大会推進委員会

 第110回国際大会〔2019年6月1日(金)〜5日(火)〕が開催されます。
2016〜17年度ジョン・ジャームRI会長、大重勝弘ガバナーはロータリー財団100周年を アメリカ・アトランタで 「アトランタで一緒に祝おう」
2017〜18年度イアン・H・Sライズリー会長、押川弘巳ガバナーはカナダ・トロントで 「インスピレーションいたるところに」
2018〜19年度 バリー・ラシン会長、川原篤雄ガバナーはドイツ・ハンブルグで 「ハンブルグで一生の思い出をつくろう」 の大会テーマの基、開催されます。
 ハンブルグはドイツ北部に位置し、エルベ川河口100Kmほど入った港湾都市で、正式名称は 自由ハンザ都市ハンブルグ。ベルリン特別市と同様、一市単独でハンブルク州(連邦州)を構成している人口約180万の都市であります。
 2730地区65クラブの皆さん(各クラブ1人以上)、自然エネルギーの推奨国家を訪問しましょう。 各クラブでTake Actin(考動)の計画と国際大会の意義を語って下さいますようお願い致します。

◎地区青少年育成基金委員会 方針

田中俊實ガバナー年度、鹿児島東部クループ(旧分区)の努力で捻出された余剰金であり、 青少年育成に特化した基金です。地区補助金同様、友好な活用を期待します。

◎4G会

直前ガバナー(副ガバナー)、ガバナー、ガバナーエレクト、ガバナーノミニーとその幹事で構成し、情報交換(継続性)して連携を図る。

◎災害復興支援委員会

ロータリークラブは支援団体ではないが、国内外に於いて自然災害の多発している昨今、被災地の人々が何を必要としているか等の情報を集約、対応する。

バリー・ラシン

バリー・ラシン

●国際ロータリー会長(2018-19年度)

 113年前の創設以来、ロータリーの役割は、世界において、また会員の人生におい て、絶えず進化してきました。ロータリーはその初期、会員が親睦と友情を見つけ、 地域社会で人びととのつながりを築く方法を提供していました。その後ほどなくし て、ロータリーに奉仕が芽生え、組織の成長とともにその影響も膨らんでいきまし た。間もなく、ロータリー財団の支えもあって、ロータリーの奉仕は世界中の家族や 地域社会の人びとの生活を変えていくようになりました。活動の成果を高めるため に、他団体とのパートナーシップや奉仕の重点分野を生み出しました。各国政府、 国際団体、無数の地元や地域の保健当局と協力して、世界最大の官民協同による 保健の取り組み、ポリオ撲滅にも乗り出しました。ますます多くの会員が、友情だけでなく、人助けのために行 動する方法を求めてロータリーにやってくるようになりました。
 ロータリーは今も、そしてこれからもずっと、ポール・ハリスが思い描いた団体であり続けます。それは、この地球 上のあらゆる国の人たちが手を取り合い、自分を超えた素晴らしいことを生み出せる場所です。その一方で、今日 のロータリーは、類まれな不朽の価値を提供してくれます。それは、才能、そして世界を変えようという熱意をも つ人たちの世界的なネットワークの一員となれるチャンスです。私たちは、地域社会で行動する力が世界的な影 響を生み出し、力を合わせればたいていのことを実現できる能力とリソースを兼ね備えています。
 全世界で、ロータリーはかつてないほど重要な存在となっており、より良い世界を築くその潜在能力は莫大です。 残念なことに、ロータリーがどんな団体で、どんな活動をしているのかを十分に理解している人は多くありませ ん。私たちのクラブ内でさえ、多くのロータリアンがロータリーについて十分に知らず、ロータリー会員であること の恩恵を十分に享受していません。
 ロータリーの奉仕は、人びとの人生、そして地域社会を変えるものです。真に変化を生み出す奉仕をもっと実現 するために、私たちは、ロータリーでの自分の役割、そして世界におけるロータリーの役割を、これまでとは違う角 度でとらえる必要があります。公共イメージにもっと重点を置き、ソーシャルメディアを活用して会員基盤を築き、 奉仕のスケールアップを助長してくれるパートナー組織に注目してもらう必要があります。より持続可能な影響を もたらす大きなプロジェクトに力を注ぎ、ロータリー年度や任期を超えた活動の研究と計画に時間を費やす必要 があります。一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造 性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーショ ン」となる必要があるのです。
 ポール・ハリスが述べたように「ロータリーは、世界平和の縮図であり、国々が従うべきモデル」です。私にとっ て、ロータリーは、単なる「モデル」ではなく、インスピレーションです。ロータリーは、可能性を指し示し、そこに到 達する意欲を引き出し、行動を通じて世界の「インスピレーションになる」ための道を拓いてくれるのです。

川原 篤雄

ガバナー紹介
川原 篤雄

【職 歴】
職業分類  飲料水配布(ドリンキングウォーターセールス)
生年月日  1948年(昭和23年)9月20日
職  業  ワールドサンフーズ(株) 取締役会長
      サン・ベンダー(有) 代表取締役社長 社員数 136名

【主な公職歴】
(社)日本青年会議所鹿児島ブロック副会長
(社)鹿児島青年会議所副理事長
(社)鹿児島県法人会運営幹事
燃ゆる感動かごしま国体実行委員会委員

【ロータリー歴】
所   属 鹿児島サザンウインドロータリークラブ
入会年月日 1997年(平成9年)4月10日 創立会員(チャーターメンバー)
2000〜2001年度 会長(第5代)
GSEチームリーダーホスト(イタリア)、 青少年交換(ドイツ・ポーランド)、GSEメンバーホスト(アメリカジョージア州・オーストリア共和国)、 米山カウンセラー(ベトナム)
◎地区役員
2005〜2006年度  鹿児島市内分区(10)ガバナー補佐
2007〜2008年度  クラブ奉仕委員会 委員長
2010〜2011年度  職業奉仕委員会 委員長
2011〜2013年度  出席推進委員会 委員長
2014〜2015年度  クラブ管理部門 部門長
2015〜2016年度  SAAアドバイザー
2016〜2017年度  ガバナーノミニー
2017〜2018年度  ガバナーエレクト

【その他】
■マルチプル・ポールハリス・フェロー
■ベネファクター
■米山功労者
■第2730地区RLI 第1期 DL
■国際大会参加 8回
■日韓親善会議
■ロータリー研究会 2回

クラブ運営の基本方針
会長 早瀬 清則

 『インスピレーションになろう』これは、バリー・ラシンRI会長の本年度テーマです。解釈は幾通りも在ると思いますが、私達の地区やクラブにおいてロータリーに変化を生み出す奉仕をもっと実現する為に、ロータリー年度や任期を超えた活動の研究と計画に取り組み必要があります。
 そこで、直面する課題に勇気と希望、そして創造性を持って正面から立ち向かう意欲をクラブ、地域社会、そして組織全体からひきだすためにインスピレーション(モチベーションを高める)になろうと呼びかけられました。
 また、2730地区 川原篤雄ガバナーは、地区モットーとして『プラスワンの考動を!』のスローガンのもと、ロータリー賞へのチャレンジRLIの実施等、11項目の例を挙げ、クラブとして取り組む活動を、クラブフォーラム時に報告出来る様に又、実践するよう提言されました。
 宮崎南ロータリークラブは、これまでの活動の継続を計る為、プラスワンとして、『ロータリー戦略計画委員会』を新たに設立いたします。その他の活動もこれまで同様、皆さんの積極的参加と取り組みに『インスピレーション』を起して頂きますよう、宜しくお願いいたします。

宮崎南ロータリーのテーマ

「南の風、吹かそう皆なで!」

「継続は力なり」年度や任期を超え、更なる飛躍を目指し、皆なで奉仕の風を!

重要事業
@会員拡大増強・・・50名の大台を実現する為に(純増4名)
A出席率向上・・・85%を目指して(研修メークアップの取組)
B委員会の活動・・・各委員会の活動に「プラスワンの考動を!」
新設***『ロータリー戦略計画委員会』の適切な理解と活用を目指す!